新しいお墓は納骨前に開眼法要を行います

お墓への納骨は、四十九日法要に行うおが一般的です。
但し新しくおは毛を建てる場合にはとても四十九日に間に合わないことも多いので、一周忌を納骨の目安にすることが多いです。

そこで知っておいて欲しのが
新しいお墓への「開眼法要」
です。
これは新しいお墓に魂を入れる意味があります。

開眼法要や納骨は、あまり大袈裟にする必要あ貼りません。
四十九日や一周忌の法要と併せて行いことが多いです。
まずは参列者全員で四十九日法要を行い、その後に親族や遺族(ごく親しい友人など)が墓前まで移動しお墓の「開眼法要」と「納骨」に立ち会います。
お墓の前に参列するスペースも狭いですし、一般的にはごく少人数で行うことが多いです。

また開眼供養や納骨には僧侶や石材店との綿密な打ち合わせをしておかなければなりません。
仏式の法要では、施主や参列者が「卒塔婆」)そとばを供える風習も多くあります。
※浄土真宗を除く
この卒塔婆とは経文や戒名などを薄い木の板にk際したものです。
予め必要な本数やお寺に相談して用意しておいてもらわないといけません。
また納骨の際にはカロートの蓋や拝石の移動もあります。
これは石材店や墓地の管理者に行ってもらいます。
ですので納骨の日時や時間や手順については石材店やお墓の管理者とも十分い打ち合わせをしておく必要もあります。

納骨当日には「埋葬許可証」を墓地の管理者に提出しなければなりません。
また、その墓地の使用権利証も提示することを求められることもありますからあらかじめ用意しておきましょう。
墓前にさう弾を設けて家嫌位牌を並べ、遺骨をカロートに納めた後は、僧侶による読経と参列者による焼香があります・

法要の後には参列者たちで会食の席を設けることも多いので、参列者の数は予め確認しておき予約の手配も忘れずにしておきましょう。
参列者に手土産を渡す場合には、表書きに「志」と書く場合が多いです。
最後に、僧侶に渡すお布施や石材店・墓地の管理者に渡すお礼の準備も和ズレずに準備しておきましょう。

実家の片付け 一人っ子

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です